(h)1110
1110.jp
01top0
トップページ 白変種 略歴 白変種 特徴 白変種とアルビノ リューシスティック
アオダイショウ F1 二世 2010年 F2 三世 2015年 F2 三世 2016年 2017年 全生体画像
支持政党 / 害獣 白変種の完成色彩 系統図(血統図) 白蛇と爬学業界 生態系の保全


 2018年はアオダイショウ 白変種 公開 10周年 

 

 

シロヘビ アオダイショウ 白変種

(Leucism Elaphe climacophora)

panese Rat Snake)

〇 顕性(けんせい)潜性(せんせい)は、旧、優性/劣性のまま記載しています。

【 誕生後変化に富んだ柄模様と色彩の変化を経て光加減で変色する真っ白なシロヘビに成長する。】
※ 誕生時、誕生直後から白化したアオダイショウそのもので変化の要因は獲得形質ではありません。

※ 2017年(本年)以降に交配を行う事は無く2016年を最後に終結しています。

 


霊分野での白蛇の解説

白蛇:[--]のURL : 《 http://wiki.fdiary.net/psylab/?%C7%F2%BC%D8

透明蛇:[]のURL : 《 http://wiki.fdiary.net/psylab/?%C6%A9%CC%C0%BC%D8 》

虹蛇(コウダ):[] : 《 http://wiki.fdiary.net/psylab/?%C6%FA%BC%D8

【 当白蛇を保護する約1ヵ月程前に空中を舞う三頭の黒い大蛇(龍ではない)の夢を見た事で共通性がある。】

 

○ このサイトは9年間に亘り手持単写撮影した2万枚以上の画像や動画と日々の詳細な記録を元に簡素に作成しています。

 

( 祖 アオダイショウ 白変種 野生保護生体 )※ 2008年09月26日保護01top3
( アオダイショウ 白変種の最大の特徴は朱色の虹彩に真っ黒な瞳孔 )

 

○ アオダイショウ 白変種は国内外共に類を見ないとても貴重なアオダイショウです。誕生時は白化した体色に通常のアオダイショウと同じマムシに似せた擬態模様を有しますが、成長に伴ってその柄模様は殆んど消えて無くなります。遺伝情報は正常でアルビノの様な病弱で生命に関わる致命的な疾患などは抱えておらず健康体そのものの素晴らしいアオダイショウの白化生体です。

0102030405
※ アオダイショウ 白変種の遺伝形質は正確で、どの世代でも大差なく一見して当系統だと判断できます。

 

 

アオダイショウ 白変種 五大特徴

「体色が変化する」最大の特徴です。大雑把に説明すると光源が強ければ白くなり弱ければ薄い青緑色を発色し、自身が置かれた光源下によって体色を変化させることです。色温度や光源、光の反射角度により濃淡は決定されます。

※ 《 上画像中央(左、又は右から三番目)の画像をクリックすると屋外での拡大画像が表示されますので、この画像の左の方の影になった部分を見ると、この部分だけ薄い青緑色が発色しているのが確認できます。》

「成長と共に消失する擬態模様」誕生時からある通常のアオダイショウと同じマムシに似せた擬態の柄模様は成長すると共に殆んど消えて無くなります。生後3年程度で確認できなくなってきますが、個体差により薄っすらと確認できる生体や、見る角度や光加減でも薄っすらと確認できる生体もいます。その後の成長で光源が強い環境下では白色に見え、色温度が低かったり影などでは薄い青緑色に見えるようになり生涯この色彩が維持されます。これらは遺伝形質であって単なる獲得形質ではありません。

「混じり気のない朱色の虹彩に真っ黒い瞳孔」これまでのすべての交配で当血統を受け継いだ白化生体とノーマル色生体のすべての子孫で確認しています。誕生時の虹彩の色はシルバー/朱色ですが、誕生後間もなく冬眠に入り翌年の夏ごろには徐々に朱色に変化して落ち着きます。 ノーマル色含め、当系統で虹彩色が朱色でない生体は確認されておらず虹彩色はすべて朱色です。

「オスが誕生する確立が非常に低い」アオダイショウ 白変種の血統は交配結果からメスの誕生が多く信憑性のある結論を得るためにこれを検証して行くには検証を継続する年月が必要となりますが2016年ですべての交配を終結した筆者が他界した後に新たにアオダイショウ 白変種と思われる生体を発見保護した人達に委ねるしかありません。 交尾相手は何れも毎回違った野生体で一度交配した野生体は再度交尾する事は一切せず、また、白変種オスと野生体メスの交配は未実行ですので未確認です。

、「非常に大型化する傾向にある」これは白変種が本来持ち合わせている遺伝情報によるものと推測することも出来ますが、実際に地元の野生体と比べて見ても大きく感じ、これは人為的保護生育の可能性も否定できません。発見時推定一才で65cmの白変種も2m級になりました。正常な遺伝情報を持ち合わせていることは殆んどの白化生体が遺伝子疾患を抱えていることを考慮すると非常に貴重な存在です。野生体同士の交配から遺伝情報に欠点がない白変種の生体が誕生し、また、この正常な遺伝形質がで正確に乱れなく子孫たちに受け継がれた当系統の生体達の種の形成は偶然に偶然が重なった奇跡だったのだと思っています。

 

※ 当所近辺は個人所有の土地が殆んどで、以下の行為は法により処罰されます。
( 正当な理由なく立ち入り、または、無断で侵入し捕獲や採取を行う行為 )

 


【 筆者管理人はブリーダーではありません 】

( 読み方:シロヘビ、白蛇、しろへび、アオダイショウ、青大将、あおだいしょう、白変種、アルビノ、白化,色彩変異、色彩変異体、色彩変異個体、リューシズム、リューシスティック、Leucistic、Albino、)
( Leucism Japanese Rat Snake,Leucism Elaphe Climacophora,Leucistic Japanese Rat Snake,Leucistic Elaphe Climacophora,Japanese Rat Snake,Elaphe Climacophora,Leucism, )

☆ 筆者管理人は素人ですがアオダイショウに限っては絶対の自信を持って公開しています。☆